キャッシングプラス

あなたに最適なキャッシングをご紹介する
キャッシング・カードローン比較サイト

トップページ個人向け商品経営者向け商品キャッシング基礎情報役に立つキャッシング用語
トップページ>ヤミ金について

ヤミ金からは、絶対に借りないことが大切です。

 ヤミ金融業者は、ダイレクトメールや電話でやさしく勧誘してきます。一旦借りると法外な利息を請求し、脅迫的な取り立てを行う悪質な無登録業者です。勧誘を受けたり、借りてしまった場合でも警察へご相談していただくことをお勧めします。

ヤミ金業者の手口をご紹介します。

 以下のヤミ金融は、トイチ(10日で借りた金額の1割の膨大な利息)あるいはトサン・トゴ・トナナなどの超高金利を貪る(むさぼる)業者が多いようです。それ以外にも様々な形態があるのでここで紹介しておきます。ぜひご参考にしてください。近年は、更なる変化した状態の金融業者も多いようですので、情報のアンテナを張り巡らしていただくことを強くお勧めいたします。

システム金融

 専ら自営業者や中小企業者に対して貸し付けを行う業者です。貸金業無登録で高金利、ダイレクトメール・ファックス・チラシ等を送りつけ勧誘します。また、過去に商工ローン業者などから借り入れた者のリストなどを入手して勧誘します。1度このような業者から借り入れをすると、この業者間独自のネットワークシステムにより、他の同業者から大量に勧誘のファックスやダイレクトメールが送られてきます。いわゆる業者のたらい回しにあうのです。また、事業者向けが多いため手形・小切手を担保にとり不渡りを恐れる債務者から高利を取り立てます。大阪や東京を中心に約2,000社あると言われています。(事例)借金の支払日が近づいている業者に対し、ファックスで勧誘を行い、申込みがなされると審査結果がファックスで送られる。契約内容は50万円の融資申込みに対して10日おきに25万円の小切手を3枚切るというもの。

090金融

 携帯電話を使うので「090金融」と呼ばれています。基本的に事務所などを持たず、プリペイド式の携帯電話で連絡を取り、車を使って直接現金の受け渡しを行うので摘発するにしても業者の特定が困難です。 ダイレクトメール・チラシや電柱にビラを貼り「破産者OK」「ブラックOK」等と記載して個人相手に5万円程度の小口の貸付を行います。

年金担保金融

 お年寄りの年金を食い物にする悪質な業者です。「年金を担保に融資を行います」「年金立替」などとスポーツ新聞などの広告欄に掲載しています。お年寄りから言葉巧みに「年金証書」「振込通帳」「印鑑」などを取り上げ、お金を融資します。この証書などを使って業者側が年金を受け取ります。また、多くの場合完済した後も「年金証書」などを返還せずに年金を奪い続けるようです。ちなみに年金を担保に融資を受けることは法律上禁止されています。

自動車金融

 「車に乗ったまま融資」などと電柱にビラを貼付けているのが自動車金融です。実体は、まず一旦車の売買契約を締結して債権者の所有とし、売買代金としてお金を融資します。そして、リース契約を結び債務者に車をリースするという形にします。このリース料金が実質「高利な利息」となり債務者は車に乗ったまま高利な利息を返済し続けます。滞納などをすると車の名義は債権者に変えてありますし、合い鍵等も作成していますので、ある日突然に車を持って行かれてしまうのです。

紹介屋

 多重債務者に、新しい借入先を紹介するなどと称して、融資額の2~4割の手数料を稼ぐ業者です。あたかも自分の紹介で融資を得られたかの様にみせますが、実際は全く関係の無い業者を下調べし、債務者に教えるだけで何もしていないケースが殆どです。いわゆる金融業者と偽って申込者に他社借入れを斡旋し、その手数料を強要する業者です。(相談事例)融資を申し込むと、うちでは貸せないと言われ、ある大手業者を紹介された。そこで50万円の融資を受けた後に最初の会社に電話をすると紹介手数料という名目で20万円を書留で郵送するように言われた。

整理屋

 多重債務者に対して、債務を整理してやると言って近づき、違法な手数料を取って、債務を1本(1社)に整理する業者です。実際は、いいかげんな手続きが為される場合が多く、ひどい場合は何も手続きをしないこともあります。また、弁護士事務所が債務整理を行ったように見せかけているが、弁護士事務所は名前だけを貸している場合が多いようです。

買い取り屋

 多重多額債務に苦しむ人に、クレジットカードで換金性の高い商品や高額な商品を買わせ、その商品を換金し、多額の手数料を要求する業者です。債務者には手数料を引かれた現金が残るが、同時にクレジットカードで商品を購入した借金も残るのです。(事例)債務者のクレジットカードで50万円分のビデオ、パソコン等を購入させ、20万円で下取り。差額の30万円は買取屋の儲けとなる。債務者には20万円の現金は残るものの、後日クレジット会社から50万円に手数料を加えた請求がなされる。

チケット金融

 高速道路などの回数券を渡し、それを仲間内の金券ショップで換金させ、1週間後に回数券の額面を回収するというものです。換金率は概ね80%弱、つまり、金利は1週間で20%強、年利にすれば1,000%を超えるという仕組みになっています。

カラ貸し

 実際、お金を貸していないのに、電話や電報、FAXなどで脅迫めいた取り立てを行い、強引に金を振り込ませる。

押し貸し

 金融業者が勝手に債務者の口座に金を振り込んで、暴利での返済を迫る。ヤミ金融からお金を借りると、厳しい取り立てにあい、金利を工面するために、違う業者から借金を繰り返して、結局最後には自己破産してしまう人が急増しています。ヤミ金融などからお金を借りて後悔する前に、次の点をチェックし て業者を慎重に選ぶことが大切です。

  • ①登録業者であるかを確認する。(貸金業者は営業所内に「貸金業者登録票」及び「貸付条件表」の掲示が義務付けられています。しかし、登録業者でも法定金利「年20パーセント」を超える利息を要求する所もあるので要注意。)
  • ②利息計算、返済方法、手数料などをきちんと説明できる業者かをチェックする。
  • ③その他、ダイレクトメール、電話、チラシなどのうまい話に惑わされないようにしましょう。
































HOME|免責事項|運営者
1.当サイトは随時最新情報を提供するよう努めており、記載されている情報には万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
2.各商品につきましては、提供会社の公式サイトにて内容を再度確認し、ご自身の判断と責任の上でお申込みください。
3.比較表の並び順は商品の優劣を示したものではありません。