キャッシングプラス

あなたに最適なキャッシングをご紹介する
キャッシング・カードローン比較サイト

トップページ個人向け商品経営者向け商品キャッシング基礎情報役に立つキャッシング用語
トップページ>クレジットカード現金化詐欺

クレジットカード現金化詐欺の手口

 クレジットカード現金化の詐欺という言葉はよく聞きます。一般的には「振り込まれるはずのものが振り込まれない」「換金額が非常に低い」などイメージする方は多いのではないでしょうか?実際にはそうではありません。特に、会社として営業している優良店では「振り込まれない」といったわかりやすい詐欺行為で、すぐに警察に通報され、捕まってしまうことから、巧妙な手段を使い現金を奪い取る手段を利用して分かりづらくしているのが実態です。クレジットカードの現金化での申し込みの際も同様に、オペレーターを使い、換金率等の説明をさせ申し込みをさせるのです。
 クレジットカード詐欺とはどのようなものなのか?について例をいくつか取り上げてみました。業者を装って、ユーザーが現金化を利用する際に詐欺にあうケースです。

個人情報取得詐欺

 個人情報取得を目的とした詐欺であり、一般的にクレジットカード現金化などの業者を装ったサイトを作成し、申込を行おうとしたユーザーに、申込フォームで個人情報を記述させます。そこで取得した個人情報を闇金業者などに横流ししているケースが多いです。このケースでは、個人情報の取得が目的となっている為、申込を行っても、なんの連絡も来ない場合が大半です。

振り込め詐欺

 最近ちまたを賑わす、言わずと知れた振り込め詐欺。あの手この手で振り込みさせようとしていて厄介ですよね。最近ではなりすまし詐欺などと言うらしいです。クレジットカード現金化を利用したケースでは、業者がユーザーにお金を振り込んだ後、「再度処理が必要」「金額を上乗せ出来る」などの理由をつけ、ユーザーにお金を再度振り込みさせる詐欺です。勿論、振り込め詐欺なので、再度振り込みを行ったお金が戻ってくる事はありません。換金後に不審な連絡がある場合は注意が必要です。

紹介屋詐欺

 クレジットカード現金化を申し込んできたユーザーに対し、「うちではこのカードが使えない」「審査がとおらない」など理由に、別の業者を紹介されるケースです。紹介される業者は多くの場合クレジットカード現金化業者ではなく、消費者金融となっており、そこで借入を申し込んだ金額の30%~70%を紹介料として騙し取られる手口です。申込をしたユーザーは紹介料をとられてしまった為に、手元に残る金額は少なく、更にお金が必要となり、そこから再度別の違法な金融業者を紹介され、たらいまわし、借金地獄になってしまうケースもあります。

保証金詐欺

 クレジットカード現金化を申し込んできたユーザーに対し、「カードがブラックになっているので使えない」「保証金をいれる事でブラックが解除される」などを理由として、保証金をだまし取る詐欺です。保証金を入れても信用情報は変わりません。ご自分の信用情報に関しては信用情報機関で開示・確認する事ができるので、心配な方は確認してみるのも良いと思います。

































HOME|免責事項|運営者
1.当サイトは随時最新情報を提供するよう努めており、記載されている情報には万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
2.各商品につきましては、提供会社の公式サイトにて内容を再度確認し、ご自身の判断と責任の上でお申込みください。
3.比較表の並び順は商品の優劣を示したものではありません。