キャッシングプラス

あなたに最適なキャッシングをご紹介する
キャッシング・カードローン比較サイト

トップページ個人向け商品経営者向け商品キャッシング基礎情報役に立つキャッシング用語
トップページキャッシングが初めての方>キャッシングの申込方法

キャッシングの申込方法

 キャッシングの申込み方法には、窓口・ファクスや郵便、インターネット等さまざまにあり、同じ商品であっても複数の申込み方法から選択できる場合も多くなっています。本人確認書類(免許証等)や所得を証明する書類が必要になりますが、必要書類は商品・借入希望金額等によって異なるので、あらかじめ確認して用意しておくと、手続きがスムーズです。

 店頭や無人契約機で申し込めば、契約後その場でカードが発行されるので、店舗併設のATMで資金をすぐに引き出すことができます。電話やインターネットで申し込む場合も、郵送で書類をやり取りする場合は、カードが送られてくるのを待たなければなりませんが、銀行口座への振込制度があれば、申込み当日に資金を手にすることも可能です。

窓口や無人契約機での申込み

 店頭窓口での申し込みメリットは、何より担当者に直接相談できることでしょう。商品内容や返済方法についても質問したり、相談したりできます。申し込みをしたら、その場で審査を待ち、融資可能の結果が出たら、契約となります。契約後、カードが発行されて、店頭窓口や併設のATMで現金を手にすることができます。

 無人契約機でなら、誰にも顔を合わせずに手続きができますが、ただし、備え付けのカメラで利用希望者は映されているので担当者に顔を間接的には見られていることになります。機械の操作で手続きを進めますが、わからないことはオペレータに質問することもできるので、直接誰にも顔を合わせないこと以外は、店頭での申し込みとほぼ同様です。

電話での申込み

 電話で申込みされると、審査(仮審査)を行い、融資可能かどうか回答を得られます。融資可能であれば、必要書類を持参して店頭や無人契約機で契約するか、契約書類を郵送でやりとりして、契約となります。

 電話での申込みのメリットは、何より手軽なこと。顔を見せずに直接話せるので、質問・相談もしやすいでしょう。はじめての方向けや女性向けなどに、専用電話相談窓口が設けられている場合もあります。

インターネットや携帯での申込み

 画面上の申込み書類に必要事項を記入して送信すると、審査(仮審査)が受けられ、融資可能かどうか回答を得られます。本人確認の融資可能であれば、電話での申し込みの場合と同様、必要書類を持参して店頭や無人契約機で契約するか、契約書類を郵送でやりとりして、契約となります。

 IT系キャッシングなどの場合は、本人確認書類や必要に応じて収入を証明する書類を郵送またはファクスすれば、画面上で契約書類の手続きができる場合もあります。

 契約後は、カード発行後のATMの利用や銀行口座への振込入金で資金を得ることができます。ネットで手軽に申込みができ、お店の人と顔を合わせずに手続きすることも可能なので、忙しい方、近くにお店がない方、お店の人と顔を合わせたくない方などには便利な方法です。

郵送での申込み

 資料を店頭や電話で取り寄せて、郵送で申し込むことができる場合もあります。必要書類のやりとりを郵送で行うため、日数はかかりますが、自宅でじっくりローンを検討したい場合や近くにお店がない場合、パソコンや携帯の操作が得意でない場合などの利用が考えられます。

































HOME|免責事項|運営者
1.当サイトは随時最新情報を提供するよう努めており、記載されている情報には万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
2.各商品につきましては、提供会社の公式サイトにて内容を再度確認し、ご自身の判断と責任の上でお申込みください。
3.比較表の並び順は商品の優劣を示したものではありません。