キャッシングプラス

あなたに最適なキャッシングをご紹介する
キャッシング・カードローン比較サイト

トップページ個人向け商品経営者向け商品キャッシング基礎情報役に立つキャッシング用語
トップページキャッシングが初めての方>お金を借りる際の上限金利は?

お金を借りる際の上限金利は?

「利息制限法」という法律で、借入金額に応じて年率15%~20%の上限があります。

 お金を借りるときの利息は、利息制限法で下記の表のように年15%~20%に制限されています。たとえば、10万円借りた場合には年18%以下の利息を負担することになります。

借入元本

金利

10万円未満

年20%

10万円~100万円未満
年18%
100万円以上
年15%

 今までは、一定の条件を満たした場合には出資法の上限金利29.2%まで貸金業法(お金を貸しつける業者を規制する法律)で認められていたため、利息制限法の上限金利を超える金利を提示していた業者もありました。しかし、2006年12月に成立した改正貸金業法により、2010年6月までには出資法の上限金利も20%に引き下げられることになりました。上限金利の引き下げが施行された後は、貸金業者は利息制限法に基づき、貸付額に応じて15%~20%の上限金での貸付を行わなければならないと決められたのです。

 改正貸金業法の「上限金利の引き下げ」はまだ施行されていませんが、すでに多くの金融業者が金利の引き下げを行っています。以前チェックしたことのある業者の提示している金利も下がっているかもしれません。借り入れを考える際には、再度、金利を確認しておきたいものです。

































HOME|免責事項|運営者
1.当サイトは随時最新情報を提供するよう努めており、記載されている情報には万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。
2.各商品につきましては、提供会社の公式サイトにて内容を再度確認し、ご自身の判断と責任の上でお申込みください。
3.比較表の並び順は商品の優劣を示したものではありません。